【中国】バスの中の時計がいつも絶対に狂っている

 私は朝と夕方バスに乗ります。通勤ラッシュは運良く避けられる時間でいつも座れて快適なのですが、もうずっと以前から気になっていることがあります。バスの中にあるデジタル時計がいつも絶対に狂っているのです。

大連のバスの内部

 この写真を撮影したのは午前6時5分なのですが、右上の時計は午前5時48分、左下のカード読み取り機のところにある時は午前6時7分を指しています。右上の時は17分差で論外、左下の時は2分差で合っているともいえなくはありませんがやっぱり狂っていることは狂っているので論外、ダブル論外ということになります。更に私は自分のスマートフォンの時計が狂っていた時がありその時はこれらの時計との合わせ技で集合場所に遅刻してしまったので驚異のトリプル論外です。まあそれは自分にも責任の一端はあるんですが。

 しかし、大連で暮らし始めてもう8年目になりますがバスの中の時計が正確に合っているのを一度も見掛けたことがありません。きっと誰もクレームを付けたことがないのでしょう。いや、クレーム云々の前に時間が合っていなくても大方の人は気にならないのでしょう。中国も今は大抵の人はスマートフォンで時間を確認しているから。

 皆さんも中国でバスに乗る時はご注意ください。

[広告]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.